Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲殻・攻殻

調べたいことがあって、「××」でググってみると
「もしかして:△△」と表示されることがありますよね。

魚類の『異尾』について知りたいことがあったので
「魚 異尾」でググったら、甲殻類もヒットしてしまう。

「-甲殻類」にしてみても、まだ、ダメだったので
「-甲殻」も付け加えてみたら..「もしかして:-攻殻」。

こういう検索結果、テンパってる時には笑えないものが..
スポンサーサイト

コメント

あるある~

そゆときは確か
-"甲殻類"
でよいかと…。
確かに「甲殻類」すべて(「ワタリガニ」「えび」など、甲殻類全部)を検索結果からはじいてくれたら、とっても嬉しい機能ですね。(^-^)

しかたなく

「-カニ -ヤドカリ」とか、あれこれ付け加えて検索を。

別件ですが..
Google って、「○○ △△ ××」で検索すると、アンド検索じゃなかったでしたっけ?
「すべてのキーワードを含む」で検索しても、全てが入ってないのがヒットするのは何故??
アンド検索で絞り込みたくても、絞り込めないことがあって、頭痛いです。検索が下手なのかなぁ。

検索方法は


こちらからはじまるページが、本家の説明ページよりも詳しいですよん
http://www001.upp.so-net.ne.jp/google/howto.htm

異尾じゃなくて

「heterocercal tail」の訳語ではあるけれど、
「異尾」より「歪尾」のほうが使用例は多いと思う。
ためしに「魚 歪尾」で「日本語のページを検索」してみたら、
そこそこの結果だった。
つまり、「異尾」が魚類と甲殻類とのhomonymだったことが、
この悲劇の原因の一つとなったのだろう。

まとめてお返事

やまかつさん
情報ありがとうございました。
本も出てますよね。本を買うほどのことはない気がして、買わないでいるんですけど。

維都さん
異尾(歪尾)というのを見かけたんで、異尾の方が一般的なのかと。
ありがと、「魚 歪尾」でやってみるね。見つけたい情報、見つかると嬉しいなぁ。

それで・・・

見つけたい情報は、見つかったの?

ダメだった

知りたいのは、私じゃないんだけどね。
歪尾を動かすことで生じる力のモーメント(?)を知りたいみたい。

うひゃ~

バイオメカニクスじゃん!
それに魚類の尾は剛体ではないから、
モーメントの計算はとっても、とっても難しい・・・・
らしい。




そうなの?

"Patterns and Processes of Vertebrate Evolution" by Robert L. Carroll (1997)
p. 272 の図と本文を見て、もうちょっと情報を仕入れたいらしい。
前回は「顎」、今回は「歪尾」。図書館から、何冊か借りてきたりしてるよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/915-34f48797

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。