Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0.7 mm シャープ

ノートをとる時などの字はかなり小さいので
常用しているのは 0.5 mm のシャープ。
0.7 mm のシャープにはカラー芯を入れて
本を読みながら線を引く時などに使ってます。

ところが、以前に比べてかなり視力が落ちた
相性のいい vivo は 0.7 mm 等のいくつかの理由で
0.7 mm シャープでノートをとってみたところ
ん? これだったら常用にしても大丈夫かも??

でも、0.7 mm を常用にするとなると
vivo の色違いが欲しくなったり
フロスティのシャープも欲しくなったり
物欲リストの項目が増えちゃうんですよね。 (^-^ゞ

追伸:
写真に写っているノートは6mm罫。
字が小さいのがお分かりいただけるのではないかと。
でも、見るのは自分だけという前提で書いてる時の字なので
あんまり、まじまじとは見ないでくださいね。 (笑)
スポンサーサイト

コメント

お~、

ひさびさの登場ですね、vivo。快調そうです♪

それにしても?けっこう几帳面さをかんじる筆跡。
さらに罫線に沿ってピッタリです!。
ミミズライクな(笑)わたしの字と比べようがない..(^^;)

0.7mm

おはようございます。
0.7mm、ぜひ常用にしてください…って、自分の好みの押しつけですが :p
私は字が大きいので、ノートはツバメの 8mm 罫が好きです。
7mm や 6mm だと、K点越えならぬ罫線越えになります。
誰に見せるわけでもないので、別にいいんですけどね。

この字で

几帳面さを感じます?? だとすると、私の字にもまだ救いがあるかも。(笑)
K点越え!!(笑) 私の場合、8mm罫だったら、1行のスペースに2行書けそうです。

お、6mm罫、仲間です。
でも、K点越え・ダブルスペースで書くのでした...。

おなかま

柊さん、
私の場合は、0.7mmでもRhodiaの5mm方眼におさまっちゃいます。
万年筆は細~中好きなのですが・・・。
0.7mmのシェアが少しでも増えると、芯のバリエーションも増えるかも。

K点越えの

罫線無視はあんまりしないです。出先での走り書きのメモぐらいかなぁ。
ほぼ日の4mm方眼の2マスに3文字書くという罫線無視はしょっちょうですが。(笑)

0.7 mm でも5mm方眼におさまります? ちょっとビックリです。
でも、ノートの字から判断するとおさまるかも。今度、やってみますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/69-d124170b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。