Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊誌4コマノート・ミニ (2)

編集が本業の方がご覧になったら
おいおい..と思われそうな図ですし
もう、過去の遺物かもしれないんですが..

以前、雑誌編集のお手伝いをしていた時
こんな感じで、ページを割付けていたことが。

□ は図版が入る所、Z は文章が入る所
今は、もう、完全に DTP ソフトなのかなぁ。

4コマノートの四角が大きかったら
これと似たようなことをやれそうな気が。
いくらなんでも、小さすぎてダメかしらん? (^-^ゞ
スポンサーサイト

コメント

ちょっとネタずれかも知れませんが、PowerPointの「ノート」印刷への応用ってのも可能かも知れませんね。
要は枠があって、注記が入れられる。
そこら辺の自由度からボクの場合はつい無地ノートに固執してしまうんですねぇ。(グリッドでもいいんだけれど、Rhodiaとか、個人的には罫線がキツくて...)

うっ..

PowerPoint は使ったことがないので、全く分からないです。
無地はいいですよね。罫線に負けない筆記具を選ぶ必要もないし。
使用中の Rhodia No. 11 を使い終わったら、無印の無地を使ってみようかなぁ。

雑誌のレイアウト

ずいぶん前、ある恐竜雑誌の企画やら編集やらを手伝っていたとき、図版と文章のレイアウト用に枠組み(縮小サイズ)を自作してたっけなぁ。その雑誌が『√2矩形』(1:√2の比率をもった四角形)ではなかったので、自作するしかなかった。
今は廃刊になってしまった雑誌・・・。
本棚にならんだ背中をみるたびに、いまだに心がいたむ。

あら

当時、そんなことまで、しておられた。
復活を希望される方、当然、おられるだろうけど
残念ながら、厳しいでしょうね。本、売れなくなってるようだし。

と、いうわけで

雑誌って縦横の比率が微妙に違ってるから、レイアウトするときは、その相似形の枠組みを使わなければならない。ピッタリA4とかB5なら、1:√2でいいんだけどさ。

手伝ってた時は

割付け用紙を貰ってた。○○○○○○○○○の並んでる奴。
ん? あの用紙や他の物を置けてたってことは、広い座卓を使ってた時??
今、あの用紙を貰っても、広げられるだけのスペースが無いわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/626-258a2fde

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。