Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート採点方式

Figure Skating Scoring Found to Leave Too Much to Chance
http://www.sciam.com/article.cfm?chanID=sa003&articleID=00092EFA-5797-13F2-979783414B7F0000

The Computer: A Phantom Figure Skating Judge?
http://www.stat.yale.edu/~jay/EC2006/

いろいろ考えて新採点方式にしたんでしょうけど
統計の専門家が疑問を唱えているとなると..う~む。
こういう指摘、出場してる選手たちは知ってるのかしら。
スポンサーサイト

コメント

2番目の

リンク先…最初の方で挫折。(大汗)
要するに統計学的に言うと、公平な点数ではないんだよ…という事ですか?
柊さんの日本語の言い方を変えただけでスミマセン。(汗汗)

難しいですよね。
採点法はともかくとして、私の周囲にフィギュアのように、人間の主観が入る競技は嫌いだと言う人もいます。(本人曰く「根っからのギャンブラー」との事:大汗)
ただ新採点法になって、浅田真央が優勝したりと、ちょっと有り得ないなぁ…という結果が出た事も確かです。
グランプリシリーズで初優勝した時の彼女は、一部技術的には凄かったですが、他はそうでも無かったですから。

やはり感動させられる演技というのは、技術プラス「何か」がある人達ですから。
NHKで荒川さんと安藤さんの特集をやっていたので見ましたが、荒川さん曰く「不細工な演技をしてまでレベル4を狙いたくない」と。
主観的な評価を無くす訳にもいかない競技ですから、本当に公平な採点は難しいです。
まあ、統計学的に疑問が出ているのでしたら、そういう所は改善して欲しいですけど。

2番目

のリンク先、グラフを見ると分かりやすいかもしれません。
「赤」が実際に獲得した順位、「灰色」は可能性があった順位なので
接戦だと「運・不運」が出ちゃうことがあるみたいです。それって可哀相な気が。

人間の主観が入る競技..ん~、嫌いじゃないですけど
計時などの方がスッキリしてていいなぁ..と思うことはありますね。
審判の動体視力はすごいなぁ..とも思うし。これって、慣れなのかしらん。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

00:11:28 さん

ありがとうございました。 m(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/567-46d8bdf2

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。