Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる人の英単語術 & ノート術

新聞で見かけて気になったものの
近くのいくつかの書店では見当たらず
結局、他の物を頼むついでにアマゾンに注文。

ノートの取り方といい、単語の覚え方といい
目新しい方法というのはないもんだなぁ
..というのが、読み終わった直後の感想。

ただ、もう少し小さいノートにした方が良さそう
1ページに書く内容を減らした方が良さそう、など
ノートの取り方を見直すきっかけにはなったかな??

それにしても、こういう本を読みながらでも
おっ、Rollbahn、おっ、Clairefontaine
おっ、EDC..と思ってしまうのはなんだかねぇ。 (^-^ゞ

リンク:manu NHK英語でしゃべらナイト別冊シリーズ


NHK 英語でしゃべらナイト 別冊シリーズ4
できる人の英単語術 & ノート術
アスコム 980円(定価・税込)
ISBN: 4-7762-0265-4
スポンサーサイト

コメント

同じく

おっRollbahn…と思いながら見ました。立ち読みですけど…。手帳術の本も術を参考にするというよりも手帳や筆記具を見るのが目的になってます。字や絵がかかれた使い込まれた手帳を、この人書くことが好きなんだなぁとか思いながら見るのが楽しいです。

内容よりも

ページの雰囲気を楽しんでるような気がします。
書いたものや貼ったもののバランスとでもいうのかなぁ。
他人様の手帳をとやかく言ってもしかたがないんですけど
わぁ、こういう書き方の手帳はダメだぁ..みたいなのも、中には。

見る所は

皆さん同じですねー。(笑)>Rollbahn他

私はソニンさんのページに出てくるシルバーのペンが気になりました。

ついつい

..ね。(笑)
ミケルリウスのノート、タイトルスペースがあるのでいいかなぁ..と。
大きさも何種類かあるし。罫線に負けないような筆記具を使えばいいかも。

ミケルリウス

あのノートは、私も何とかして使いたいんです。(笑)
中の色の派手さと切り取り線がかえって使い方を考えさせられてしまうんですよ。(あのノートの良い所なのに(-_-;))
あの罫線の色に負けない筆記具というと、太いペン先になるんでしょうか。
柊さんのアップでA6とかB6のサイズを見て、あれならメモ用に良いかなぁ…と思ったりして。

ちょっと

太めのゲルペンあたり、どうかなぁ..と思ってるんですけど。
日本語と違って、1マスに1字っていうわけにもいかないでしょうし。
ああだこうだ考えてないで、とっとと試してみろよ..って。 (^-^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/471-1cfe4334

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。