Pencil Case - Part 2 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回 & 5回

Formula for a happy relationship
http://www.ananova.com/news/story/sm_1328576.html?menu=news.scienceanddiscovery

パートナーとの関係を幸せなものに保つには
1回非難したら5回褒めるのが理想的とのこと。

これって、パートナーとの関係だけじゃなく
他のいろんな人間関係にも当てはまりそうな気が..

私の場合はどのぐらいの割合になっているやら。 (^-^ゞ
スポンサーサイト

コメント

さすが

なんだかドイツ人らしいなぁ…と思いました。(^^;;)


= formula =
ドイツの学者が発見した公式:「1度非難したら5回褒める」
大阪の学者が発見した公式:「1つネタ振りしたら5回ボケる」
==

私が英文を読むときの頼りはエキサイト翻訳
www.excite.co.jp/world/english/web/
と、同英和辞典
jiten.www.infoseek.co.jp/Eiwa?pg=jiten_etop.html&col=EW&svp=SEEK&svx=100600
です。
そこでFormulaを調べたら「お世辞」という意味もあるみたいですね。うーん意味深~。

[オリジナル 2005-03-27 20:38:31 からコピー&ペースト]

あはは..

個人的には大阪の公式の方が好きです。(笑)
大阪の学者..実は「やまかつさん」じゃありません? (笑)

[オリジナル 2005-03-27 21:40:10 からコピー&ペースト]

社会心理学

 原文の論文に目を通したことがありますけど、統計的な裏付けもないし、臨床科学的な手法も踏まえていませんから、あまり有効なデーターでは無いような気がしますね。

 だいたい社会心理学の人はこういった調査結果はしんじれないというのが医学界の意見だと思いますよ。

 褒めなくとも示すことが出来る愛情の方が多いし(洋の東西を問わずに)もともと計量できないモノだとおもいますよ。

 それぞれの人が自然に接するそれでいいんないですか。

ほめなきゃならんっていったら、それこそ対人ストレスになってしまいそうですし・・。

[オリジナル 2005-03-28 10:17:06 からコピー&ペースト]

1対5

という数字・割合だけにこだわるのも本末転倒というか、無意味でしょうしね。

褒められると伸びる人、はっぱをかけられると伸びる人、いろいろみたいでしょう?

私の場合、根が単純なのか、褒められれば嬉しいし、「よし、次もがんばろう」と思う方。(笑)

さりげない褒め上手になるのもいいかな..と。やりすぎちゃうと、イヤミでしょうけど。

[オリジナル 2005-03-28 15:17:25 からコピー&ペースト]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pencilcase.blog7.fc2.com/tb.php/25-8936dc89

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

柊

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。